建装資材販売、施工、化成品、アスファルト舗装、デイサービス、パーソナルトレーニングなど多角的に事業を展開する黒崎産業株式会社

KUROSAKI INDUSTRY CO.,LTD.

黒崎産業株式会社

本社:       〒 920-0211 石川県金沢市湊3丁目62番地
富山営業所:〒 939-8262 富山県富山市塚原184番地1
福井出張所:〒 910-0836 福井県福井市大和田2-202 opm306

TEL:076-238-9300
お気軽にご連絡ください
休業日:第2・第3・第4土曜日、日曜、祝日

四代目社長への伝言 vol.55
「情報を吐き出せ!「黄金のアウトプット術」 著者:成毛眞」

2018.5.22

爽やかな季節になったね四代目、昨日は金沢の自転車乗りの間では知られた激坂、夕霧峠にロードバイクで行って上りのトレーニングをしてきたよ。

バイクで上ると、心拍数が170を超え、呼吸もハアハアして、、、やっぱりバイクは平坦な道と追い風で乗るのがいいね!

でも景色は素敵だよ!

今回の四代目に伝言したい事は、元日本マイクロソフト社長で、現在は私もめっちゃ参考にしている書評サイト「HONZ」を開設して代表を務めている成毛眞さんが書かれた

『黄金のアウトプット術』

を読んでみて欲しいと言うことだ。

四代目にこの本を読んでもらいたい理由は、自分の持っている情報を積極的にアウトプットする習慣は、現代を生きる上で重要なスキルであり、必ず身につけて欲しいからだ。そして一つ付け加えると、その情報には自分の専門性もしくは、自分ならではの観点がないと、一流の人には響かないから、自分の得意な分野を身につけておいて欲しい。と言う事だ。

 

どうしてこの本を読もうと思ったのですか?

 

私がこれまで生きてきた中で、強く魅力を感じた人物と言うのは例外なく、情報のアウトプット能力が明らかに高い。私自身もそんなアウトプット能力が高い人間になりたいと思ったからだよ。

 

どんな人に向けて書かれた本なのですか?

 

読書したり、旅行したり、人の話を聞いたり、情報をインプットするのは好きだけど、文章を書いたり、人前でスピーチしたりというアウトプットが苦手だ、又はアウトプットなんて必要ないと感じてる人はすぐにでも読むべき本だよ。まさに私の為に書かれた本だねw

 

どんな内容が書かれているのですか?

 

情報をアウトプットすることが如何に現代で重要か。そしてアウトプットをする具体的なやり方が書かれている。しかも内容が濃いのに、文体が軽くて頭にスッと入ってきたよ。

 

情報をアウトプットしない人に対して、私達は好意を持つこと自体が難しい。だって、アウトプットしない人はこの世に存在しているかいないさえ分からず(世界の人口は76億人)、例え存在を認識していたとしても、読心術でも持っていない限り、その人がどんな人物なんてわからない。即ち存在していない事とほぼ同義になってしまう。

 

確かにそうですね・・・・

 

実は最近、ある幸運から、著作の成毛さんに直接お会いしてお話をさせて頂く機会があった。

ビジュアルはこの本にご自分で書かれておられるように、おちゃめで、ヒゲのないなぎら健壱さんみたいだったよw

お話した感想は、カジュアルなんだけど、好奇心と知性とユーモアがにじみでておられた。この本に書かれている通り、色々な分野の情報を積極的にアウトプットしていらっしゃって、とても魅力的で私もこんな大人になりたいと思ったよ。(私ももう45歳だけどw)

 

ちなみに、そのある幸運というも、この本に書かれているようにSNSを介したものだったんだよ!

 

そうなんですね!

 

最初から、アウトプットが上手な人ではなく、私の様にアウトプットが苦手で、どうしたら克服できるか悩んでるいる人に最適な本だから是非読んでみてね。

 

四代目は最近どんな情報をアウトプットした?

 

 

★四代目への追記★

 

私は自分の事を好奇心が強く、何でも色々な物事の理を知りたいと思っている人間だと思っているが、それらをアウトプットしようとはこれまで考えた事がなかった。

では何故それらをアウトプットしようと思わなかったのかを自己分析してみたよ。

 

1、自分の理解が真実と違っていた場合、アウトプットするとそれが白日の下に晒されるのと恥ずかしい。

 

2、世の中には、自分の理解よりも、深くその事象を理解をしている人が必ずいるはずだから、参考にしたい人は、私からではなく、その人を参考にすればよい。

 

3、インプットする能力は読書や旅行やセミナーなどを通じて鍛えてきたが、アウトプットする能力を強化した事が少なく、その力不足が明らかになるのも恥ずかしい。

 

などが理由だと分析した。

 

こうやって改めて書き出すと、なんともチンケで恥ずかしい理由だ。

自分の子供達や会社の若手が同じ理由を私に言った場合、私は彼らに次の様に意見を伝えるだろう。

 

1、自分の理解が真実と間違ったまま放置されている状態と、間違っていますよと指摘されて真実に至るのとでは、どちらがあなたにとって好ましい状態ですか?

 

2、物事を理解するには段階があり、小学校卒業程度の理解があればこそ、中学校レベルが学習できるのであり、中学校卒業程度の理解があればこそ高等学校レベルが学習できます。いまのあなたが大学レベルを学んでるからという理由で、小学校や中学校のレベルの学びは全く意味のない事だとおもいますか?

 

3、この本「愛に生きる  -才能は生まれつきではない- 鈴木鎮一」

http://www.kurosakisangyo.co.jp/blog/kurosaki/vol.15

を読んでみて、どう感じた?

 

と言う訳で、とってもしょうもない理由により、アウトプットを避け、自分が魅力的になる努力を避けていたと言う事実に、この本を読む事で改めて気がつくことができたよ。

 

四代目は情報のアウトプットちゃんとしているかな?

 

三代目社長より

お問合せはこちら

076-238-9300

代表者ご挨拶

施工事例紹介